People

2022.06.19

【MATE PEOPLE】vol.04 “新しい時代の移動手段” アーティスト XBSが語る、MATEの魅力

MATE. BIKEを日々愛用する方々のライフスタイルにフォーカス。今回はアーティストのxbsさんに密着しました。

【MATE PEOPLE】vol.04 “新しい時代の移動手段” アーティスト XBSが語る、MATEの魅力

Content

"Mobility for New Age"
Actress Ritsuko Tanaka talks about the appeal of MATE CITY

"Mobility for New Age"
Actress Ritsuko Tanaka talks about the appeal of MATE CITY

自転車文化の先進国デンマークからやってきた「MATE. BIKE」は、環境に配慮し た次世代e-BIKE。今回のMATE PEOPLEでは、普段からMATE. BIKEを愛用してくれ ている方々に、その乗り心地はもちろ ん、 自身のライフスタイルや未来のことにつ いて話しを伺っていきます。vol.04となる今回は、東京を代表するヒップホップグル ープNITRO MICROPHONE UNDERGROUND(※以下、NMU)のメンバーでありな がら、アパレルブランドやメディアのクリエイティブディレクションも行うXBSさん の登場です。

MATE. BIKE” is a cutting-edge eco-friendly e-bike from Denmark, a country known to drive innovative bicycles, since nine out of ten people there own one. In this issue of MATE PEOPLE, we talk to people who ride one, and what it means to them. Will will also discuss their lifestyles and what they’re up to. As part of Volume 4, we are pleased to present XBS, a member of NITRO MICROPHONE UNDERGROUND(NMU), one of Tokyo’s leading hip-hop groups, and is a creative director of apparel brands and media.

– 最近の活動について

NMUの活動と、「FLY Magazine」というバスケットのウェブメディアのカメラマンとクリエイティブディレクション。他に「atmos」が運営している「TOKYO23」というジョーダンブランドを取り扱うお店のオリジナルアパレルの企画デザインも担当しています。

 

– His Recent Work

I do photography and creative direction for NMU output, and a basketball web media called “FLY Magazine”. I am also in charge of planning and designing original apparel for “TOKYO23,” a store run by “atmos” that carries the Jordan brand.

– 休日の過ごし方について

コロナ禍以降で時間が余った時に、ふと自分に趣味がないなと思ったんです。それで年齢を重ねても続けられる趣味を極めようと思った時に、サバイブ的なキャンプとバスフィッシングに絞って始めました。特にバスフィッシングにはすっかり夢中になってしまって…答えが1つじゃないし、同じ日は2度と来ない。永遠に飽きずに続けられると思います(笑)。自分は生まれ育ったのが東京で田舎というものがなかったんですけど、コロナ禍の前から食生活に気をつけるようになったんです。 そこから少しずつ考え方も変わってきました。もちろん都会に住んで日々過ごしているんですけど、その中でまずは食べ物を通して自然の力を意識するようになって、さらに釣りで自然の中で遊ぶようになってから、別に釣れなくても、その自然環境の中に身を置いているだけで身体の変化を肌で感じるようになったんです。だ から今は都会で暮らしながらも、なるべく自然の中で過ごすことを目指しています。

– How he spends his days off

When the COVID pandemic started and I had some time on my hands, I realized that I had no hobbies. I decided to pursue hobbies that I could keep up as I grow older, so I narrowed my focus to camping and bass fishing, both of which are survival-type activities. Bass fishing in particular had completely absorbed me. In it, there is no single solution, and the same thing never happens twice. It’s something I could go on doing forever without getting bored (laughs). I was born and raised in Tokyo, so in my life, the countryside was non-existent. Before COVID, I had already begun to pay attention to my diet. I feel like my mentality has changed too. I live in the city and spend my days there, but I became aware of the overwhelming power of nature through the food I eat. So now, even though I live in the city, I try to spend my time in nature as much as possible.

– 写真を仕事にしたキッカケ

もともと風景を撮るのが好きだったんです。いつも夜中まで仕事して、車も人もいない東京の街を撮るのが好きだった。それを有効に使おうと思って「NITRAID」時代に、カレンダーの写真に使ったりもしていました。そうして趣味の延長で続けてたのが、バスケのメディアを立ち上げるという時にフォトグラファーとして参加することなって、主にバスケットボールの試合の写真を撮り始めたんです。そこから少しずつ広がっていった感じですね。自分にとっての写真の師匠が”13thwitness(※ グラフィティアーティストであるFuturaの息子のティム)”なんです。彼には本当に大きな影響を受けていて、写真にのめり込む1番のキッカケになったと思います。

– How he got into photography

I always enjoyed taking pictures of landscapes. I used to work until midnight and then take walks and shoot the city at night when there were no cars or people around. I decided to put the photos to good use, and during my time at “NITRAID” I got to use the photos for a calendar. This continued to be an extension of my hobby. When NITRAID decided to launch a basketball media outlet, I hopped on as a photographer and started to shoot basketball games. From there, my work gradually expanded. “13thwitness” (Futura’s son Tim) was a mentor to me. He was a big influence, and I think he might just be the main reason I got into photography in the first place.

– MATE. BIKEとの出会い

八田井とかとよく会うようになったりして、何も話してないけど、同じタイミング で同じようなことを感じている人たちが集まっている気がしたんです。環境問題に 対する危機意識だったり、そういうものを真面目に推し進めている人たちを見て、 自分の中でも「やっぱりそうだよな」って共感したし、再認識もして。MATE. BIKE のジャパンローンチのスティルを撮らせてもらったんですけど、全体のディレクションをKOVAがやっていて、モデルが洋介(※MATE. BIKEアンバサダーの窪塚洋介) で。もともとKOVAとの出会いは「NITRAID」の時にSBチームでDVDを作ったんですけど、その時に撮影をお願いしていたんです。そこから10年ぐらい経ってから、またこういう形で再会できたのが嬉しかったですね。

– Your first introduction to MATE. BIKE

– I started hanging out with Hattai and others often, and even though we didn’t discuss anything in particular, I suppose we were a group of people who felt the same way about things. When I saw people who were expressing their concerns about the environmental crisis, I felt a sense of empathy and it reaffirmed my beliefs on the matter. I was commissioned to take stills for the Japan launch, where KOVA was in charge of the overall direction, and Yosuke (*MATE. BIKE ambassador Yosuke Kubozuka) was the model. I originally met KOVA when I made a DVD with the SB team for “NITRAID,” and I had asked him to shoot the film then. About 10 years have passed since, and I was happy to see him again under such circumstances.

– 沖縄CM撮影現場の雰囲気

年明け早々に東京で街ver.を撮って、2月に沖縄で自然ver.を撮影しました。 確か沖縄は4,5日ぐらいの長い撮影期間だったんですけど、とにかく毎日が楽しかったですね。「あぁ、もう終わっちゃうのか」みたいな。


– The vibes of Okinawa commercial shoot

We shot the city version of the ad in Tokyo early in the new year and the nature version in Okinawa in February. I think we spent about 4 or 5 days in Okinawa, and every day was a blast, and I thought to myself, “Oh, is it over already?”

– MATE. BIKEに乗り始めて感じたこと

自分は渋谷に住んでいて、だいたい原宿で仕事をしているんですけど、僕の生活圏内にとっては本当にドンピシャな乗り物なんです。実際に乗り始めて生活が全て変 わりました。15分あったらそれなりの街にほぼ行けてしまうので、自分の時間の使い方がさらに洗練されたと思います。それまでは歩き、電車、タクシーの生活だったのが、MATE. BIKEさえあればそれらがもっと短時間でコンパクトに移動できる。 つまり、時間をもっと有意義に使えるようになったんですね。それが本当に1番大きい変化です。

– What has riding the MATE. BIKE been like to you?

I live in Shibuya and mainly work in Harajuku, so it is a perfect vehicle for where I spend my time. I can get to most places in the city in 15 minutes, So I guess it has refined how I spend my time. I used to walk, take the train or cabs, but with the MATE. BIKE the time to do all those things has become significantly compact. In other words, as a result, I can now make better use of my time. Probably the biggest change is this.

– MATE. BIKEがフィットする人とは?

新しい生き方を模索している、そんな人は自然と辿り着くモノなんじゃないかと思います。こうした「サステナブルな時代」になって何かしらを考えるキッカケにもなるし、あとは自分の意思表示にもなる。そうして、いつの時代も新しく変わっていくんだと思います。色んなところで試乗もできるし、とにかくみんな実際に乗って体感して欲しいです。そうしてから、この値段が今後何年も使う乗り物として安いのか高いのか。それぞれ自分自身で吟味してみてもらいたいですね。


– Who is a good fit for the MATE. BIKE?

I believe that the people who are searching for a new way of life will naturally be drawn to it. It’s food for thought in the “era of sustainability,” and it can serve as a statement of one’s determination to contribute. The times are always changing. You can test drive the bike at various locations, so I think people should actually get to drive it and experience it for themselves. I think then people would have the opportunity to decide for themselves whether the cost is high or low for a product that they are likely to use for years to come.

– 100年後に残したいもの

これだけDiversity(多様性)が以前からずっと叫ばれてて、ある意味自由になった部分もあるんですけど、逆にその自由さによって何も無い物になり兼ねない部分もあって。そうした時に、自由だからこその責任みたいなことでいうと、例えばさっきのMATE. BIKEを選ぶ人の話しのように、自分の意思表示やスタンス、それに共鳴できる人たちが自然と集まってきますよね。結局人は1人じゃ何もできないので、そうした仲間たちで人の輪が繋がっていく。その延長線上に、少しはいい未来があるんじゃないかなと思います。

– What do we want to leave behind 100 years from now

Diversity has been a constant struggle for a long time now, and in a sense, we have become freer in some aspects, but on the other hand, there are also times when that freedom could lead nowhere. When we talk about the responsibility that comes with freedom, for example, as in the case of those who would choose MATE BIKE, people who can express their determination and stance and those who resonate with those ideas naturally gather together. After all, one person can’t really make a change. But by joining forces and getting involved, we can grow our communities to make a better future.

 

Profile


XBS

ヒップホップアーティスト / FLY Magazine クリエイティブディレクター / TOKYO23

オリジナルアパレルディレクター/ EXB4SS ディレクター 90年代から日本のヒップホップシーンで活動を開始。2000年にデビューアルバムを発表したヒップホップグループNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDでは、その後いくつもの伝説を残した。もともと業界きってのスニーカーフリークとしても知られ、現在はコロナ禍で始めたバスフィッシングに傾倒。この春に自身がディレクションするフィッシングカルチャーウェア「EXB4SS」が始動したばかり。

 

Hip-hop artist / Creative director, FLY Magazine / Apparel director, TOKYO23 / Director, EXB4SS

Active in the Japanese hip-hop scene since the 90s, a member of the hip-hop group NITRO MICROPHONE UNDERGROUND, which released its debut album in 2000, and has since left behind several classics. Well-known to be one of the biggest sneaker freaks in the industry and is currently devoted to bass fishing, which he started during the COVID outbreak. Has just launched “EXB4SS,” a line of fishing culture wear that he himself directs.

NSTAGRAM: @exbees / @exb4ss

Content

"Mobility for New Age"
Actress Ritsuko Tanaka talks about the appeal of MATE CITY

Archive

試乗のお申込み

希望するモデルや日時、店舗を指定して試乗を予約できます。

BOOK NOW