Ambassador

2022.07.31

MATE.BIKE presents 窪塚洋介のTEAM MATE vol.02

ブランドアンバサダーの窪塚洋介がホストを務める対談企画。待望のvol.02は、WACKO MARIAのディレクター、森敦彦さんとの自由気ままなトークセッション。

MATE.BIKE presents 窪塚洋介のTEAM MATE vol.02

Content

アマゾンから来た神編
Episode of God from the Amazon

アマゾンから来た神編
Episode of God from the Amazon

自転車文化の先進国デンマークからやってきたMATEは、環境に配慮した 次世代e-BIKE。このTEAM MATEではMATEアンバサダーとして活動し てくれている窪塚洋介さんをホストに、毎回彼の仲間たちがゲストで登場。過去・現 在・未来のコトから、他愛もない世間話しまで・自由気まま好き勝手に語り合う企 画。vol.02となる今回は、ファッションブランド「WACKO MARIA」のディレクタ ー、森敦彦さんが登場します。

 

MATE. is a next-generation eco-friendly e-bike brand from Denmark, a country with an advanced bicycle culture.
In this TEAM MATE project, our brand ambassador Yosuke Kubozuka hosts his friends, and talk freely about anything from the past, present and future. In this episode,  we are hosting Atsuhiko Mori the director of highly acclaimed fashion brand “WACKO MARIA.”

「俺のイメージ的には、森さんは絶対タイヤが太い”MATE X”を選ぶと思ってたんで すけど、細いタイヤの方の”MATE City”を選んだのが意外でした」
窪塚洋介

「そっちの方が面白いかなって(笑)。ピーター・トッシュが一輪車に乗っている写真わかる? なんかアレっぽいなって思ったんだよね。タイヤの細さ具合とか」
森敦彦

– I thought you would definitely choose “MATE X,” with the fat tires. I’m surprised that you chose “MATE City.”
Yosuke Kubozuka

– Haha, thought would be more interesting. You know that picture of Peter Tosh on the monocycle? I thought I’d looked like that,  with those thinner tires and all.
Atsuhiko Mori

 

 

「森さんの家からだったら、お店のPARADISE TOKYOまでの移動とか、MATEあるとめちゃくちゃ便利だと思いますよ」
窪塚洋介

「さっき初めて乗ってみたけどヤバかったもんね。ペダルを漕ぎ出すときの感覚とか、アシストのパワーとか」
森敦彦

-It would be really convenient for you to have MATE to get around between your store PARADISE TOKYO and your house.
Yosuke Kubozuka

– I rode it for the first time just now and it was pretty dope. Was amazed by the powerful assist when I start pedaling and all.
Atsuhiko Mori

「もともとデンマーク生まれの自転車なんですけど、すごい環境先進国なんですよね。自転車専用ロードが整ってたり、国としてちゃんとバックアップしてて。そういう文化が日本にも浸透して、少しでも二酸化炭素が減ったり環境に良い行いが広まればっていうのが、MATEの根底にはあるんです」
窪塚洋介

「そういうこと考えてなさそうな見た目のやつらなのに(笑)。意外にそういう人
ほど考えてるっていうね」
森敦彦

 

– Denmark is a very eco-friendly country. And Copenhagen’s bicycle infrastructure is really advanced, with dedicated bicycle paths and national support for the bicycle culture. We are hoping to inspire Japan with that advanced culture, and to help reduce carbon dioxide emissions and spread environmentally friendly practices, even if only a little.
Yosuke Kubozuka

– You guys don’t look like the type of people who are thinking about such things, haha. But I guess people like you are the ones who actually care. It’s surprising but really awesome.
Atsuhiko Mori

「森さんのライフスタイルはずっと変わらないですよね。音楽はサッカー時代より前からずっと好きだったんですか?」
窪塚洋介

「昔から音楽は好きだったね。今でもずっと大好き。自分が若いころ、青春時代にずっと聴いてたミュージシャンとコラボしたりするのも、シンプルに自分が着たいから。あんまりそればっかりにならないようには気をつけてるけどね」
森敦彦

– Your lifestyle seems it hasn’t change for a long time. Have you always loved music, even before your professional soccer career?
Yosuke Kubozuka

– I’ve always loved music. I still love it to this date. The reason I collaborate with musicians whom I listened to in my youth is simply because I want to wear them. I try not to do too much of it though.
Atsuhiko Mori

「洋介が紹介してくれる人ってみんないいやつだもんね。繋がりの輪が見えるっていうか。世界はそうであって欲しいね」
森敦彦

「コロナが流行りだしてから、よりそういう風になってる気がする。自分が出会うべき人と出会って、出会いたい人と繋がっていいってる実感があって。この企画もまさにそうなんです」
窪塚洋介

– The people you introduce to me are always good fellows. I can see the likeminded connection. I hope the entire world can connect like that.
Atsuhiko Mori

– Since COVID, I think that connection got stronger. I feel that I am meeting the people I am supposed to meet and connecting with the people I wanted to connect. This project also started just like that.
Yosuke Kubozuka

「森さんが思う、理想の未来ってどんなものですか?」
窪塚洋介

「やっぱり文化が大事じゃない。その文化を美しく楽しくロマンチックにしていくだけで、今世界で起きている戦争とかしょうもないことも起こらないんじゃないかって。そんな簡単じゃないか(笑)。でも俺はそう思うね」
森敦彦

– What is your ideal future?
Yosuke Kubozuka

– I think culture is important after all. If we could just make our culture beautiful, fun, and romantic, then wars and other troubles that are happening in the world today would go away. I know It’s not that simple. But I believe so.
Atsuhiko Mori

Profile

 

森敦彦_WACKO MARIAディレクター

1972年5月31日生まれ。兵庫県出身。プロサッカー選手として活躍後、25歳で引 退し、1999年大好きなレコードとヴィンテージサウンドシステムをセットアップ したバー「Rock Steady」をオープン。2005年に「WACKO MARIA」を設立し 現在に至る。音楽を根底に置いたロマンティックかつ上質な服作りは国内のみなら ず海外にもファンが多い。また幅広いジャンルのレコードコレクターであり、DJな どを行うサウンドクルー「KILLER TUNES BROADCAST」を主宰。この数年はず っとガレージにはまっている。自称映画大好き人間。
Instagram: @wackomaria_guiltyparties

 

Atsuhiko Mori / Director, WACKO MARIA

Born on May 31, 1972 in Hyogo Prefecture. After playing as a professional soccer player, he retired his athlete career at the age of 25 and opened “Rock Steady,” a bar set up with his favorite records and a vintage sound system, in 1999. In 2005, he started “WACKO MARIA” and continues to this day. He has many fans in Japan and abroad for his unique aesthetics and high quality clothes with music influences. He is also a record collector of a wide range of genres and organizer of a sound crew “KILLER TUNES BROADCAST.”

Content

アマゾンから来た神編
Episode of God from the Amazon

Archive

試乗のお申込み

希望するモデルや日時、店舗を指定して試乗を予約できます。

BOOK NOW