People

2022.02.15

MATE PEOPLE vol.02 “新しい時代の移動手段” スタイリスト百々千晴が語る、MATE CITYの魅力

MATE. BIKEを日々愛用する方々のライフスタイルにフォーカス。今回はスタイリストとして大活躍中の百々千晴さんに密着しました。

MATE PEOPLE vol.02 “新しい時代の移動手段” スタイリスト百々千晴が語る、MATE CITYの魅力

新しい時代の移動手段

自転車文化の先進国デンマークからやってきた「MATE. BIKE」は、環境に配慮した次世代e-BIKE。今回のMATE PEOPLEでは街乗りに特化したMATE CITYにフォーカスし、普段から“CITY”を愛用してくれている方々に、その乗り心地はもちろん、 自身のライフスタイルや未来のことについて話しを伺っていきます。vol.02となる今回は、ファッションスタイリストとして活躍する百々千晴さんの登場です。

 

MATE. BIKE” is a next generation eco-friendly e-bike from Denmark, where advanced bicycle culture exists. In this edition of MATE PEOPLE, we focus on the model called MATE CITY, which is perfect for town riding, and talk to people who ride this model about not only its comfort, but also their own lifestyles and future. For vol. 02, i we invited fashion stylist Chiharu Dodo.

―今の仕事を選んだキッカケ

百々:高校の頭ぐらいから洋服が好きになり始めて、雑誌をよく読んでいたんです。その中にスタイリストのコラム企画があって、その頃からスタイリストを職業として意識し始めました。そこからは専門学校に入る名目で田舎から上京し、卒業後に約3年スタイリストアシスタントを経て、その後いったんロンドンに行って、帰国してから本格的にスタイリストとして働き始めました。

 

– How she started her career

I started to like fashion around the beginning of high school, and I read a lot of magazines. One of them had a story on stylists, and that’s when I started thinking about being a stylist as a career. I moved to Tokyo to study at a fashion school, and after graduation, I worked as a stylist assistant for about three years, then went to London for a while. After returning to Japan, I started working as a full-time fashion stylist.

―ロンドン時代に印象に残っていること

百々:ロンドンだけじゃなくヨーロッパって、ダメな大人が普通にいるんです(笑)。大人なのにクズ、みたいな人が。でもそういう人たちが否定されないというか、全然そのままでいられる余白が社会にあるんです。東京だとみんな当たり前に毎日仕事して忙しくしてるじゃないですか。そういう社会の余裕みたいな部分があるのは、いいなと思ってました。

 

– What she remembers most about her time in London

Not only in London, but in Europe, there are trashy grown-ups (laughs). I mean, they are adults but significantly missing something as adults. But at the same time, there is a sense in the society that such people are not denied, or rather, they are remained as they are. In Tokyo on the other hand, everyone is busy working every day as a matter of course, you know? So I liked the fact that there is such a margin or allowance in Europe.

 

―仕事のモチベーションについて

百々:その質問にいつも困るんです。好きでやっている仕事だから、改めてモチベーションがどうとか考えたことがない。わりと忙しくさせてもらっているので、それだけで幸せだと思っています。

 

-What motivates her at work

I always struggle with that question. I’ve never thought about motivation much because I like what I do. I think I’m just happy that I’m able to keep myself rather busy.

―自身の性格

百々:やりたいと思ったら、やらないと気が済まないタイプです。あとはせっかち。新しいことを始める時も、それが難しいかどうかも分からないまま、まずは始めて後から色々と気づくことが多い。始める前に準備をし過ぎると、そのせいで面倒臭くなってやりたくなくなってしまうので。だからとりあえず興味が出たら、飛び込んじゃいます。

 

– Personality of herself

I’m a type of person who has to do things when I feel like doing them. I am also impatient.

When I start something new, I tend to start without knowing whether it will be difficult or not, and then realize many things afterwards. If I do too much prepping before getting started, I end up getting frustrated and not wanting to do it. That’s why I just dive in when I get interested.

―コロナのビフォ・アフターで変化したこと

百々:時間があったので、その時期にインスタLIVEを始めました。それが意外に周りから好評をいただいたので、それが新しいお仕事になったり、YouTubeもちょうどその時期に始めました。そこは自分の中で劇的に変わったところ。メンタル面は、みんなが一緒にしんどい時期だったので、個人的にはあまり辛い時期ではなかった。むしろ「みんなが辛い時期だよね」って、前よりも人の気持ちを考えられるようになったと思います。

 

-What has changed from before and after the pandemic

I had some time on my hands, so I started Insta-Live. It was surprisingly well received by the people around me, and it led to a new job. I started YouTube around the same time as well. Those were things that changed drastically to me. On the emotional side, it wasn’t a very difficult time for me personally because we were all going through a tough time together. Rather, I think I became more considerate of other people’s feelings than before, telling myself, “It’s a difficult time for everyone.”

 

―MATEとの出会い

百々:撮影現場で、みんなで話している時に話題になってそこで初めて知りました。そのちょっと後ぐらいに、地元である高知の友人たちが 偶然MATE. BIKEと関わりを持っていて、そこから自然と乗りはじめました。

 

– How she got to know about MATE.

I first heard about MATE when I was talking with shooting crew, on the set. Shortly after that, some of my friends in my hometown Tokushima happened to be involved with MATE. BIKE, and that’s how I spontaneously started riding it.

―最初に乗った時

百々:最初のひと漕ぎで、今まで乗ってきた電動自転車と別物だと思いました。疾走感がいいですね。もともとリサーチに回ったり街中を動き回る時に、自転車にはよく乗っていたので、自分の生活スタイルにMATEは合ってるんだと思います。車で回っていちいち駐車場を探す手間も省けるし、よりスムーズに動ける。せっかちな性格なので(笑)。

 

– On the first ride

I immediately felt a difference from the electric bikes I’ve ridden before after my first pedal stroke. I like the sense of speed. I have always ridden my bike a lot when I was doing research or moving around town, so I think the MATE fits my lifestyle. I can get moving more smoothly, don’t have to look for parking space every time also. I’m an impatient person like I said (laughs).

 

―100年後に残したいもの

百々:姿・形が常に進化しながら、いろんなものが残っている未来がいい。1つだけこれが残ってて欲しい、とかはないですね。どうしてもファッションは消耗されがちなものだけど、だからこそ、その姿・形は変わってていいから、良いものはちゃんと残っていく世界になってたらいいですよね。

 

– Things she wished to pass down to the 100 years from now

I would like to see a future in which many things still exist while the form and shape keep evolving. I don’t have a specific thing that I wish to stay the same. Fashion is something that gets consumed and worn out, but that’s actually why the shape and form of fashion can change. And at the same time, I would like to see a world where good things also remain.

Profile

 

百々千晴  / ファッションスタイリスト

ファッションスタイリストとして広告や雑誌を中心に活躍。プロダクトの良さをストレートに魅せるその洗練されたスタイリング提案は、俳優やモデルを始め、数多くのブランドからも絶大な信頼を集める。昨今では、自身で発信するYouTubeやINSTAGRAM LIVEも話題に。

YouTube:DODOTUBE
Instagram:@dodo_chiharu

 

Chiharu Dodo / FASHION STYLIST

As a fashion stylist, she has been working mainly for advertisements and magazines. Her sophisticated approach to styling, which brings out the best in products, has earned her the trust of actors, models, and many fashion brands. Her YouTube and INSTAGRAM LIVE videos are also becoming increasingly popular these days.

 

 

STAFF

Videographer:KOVAFILM
Photographer:Nobuhiro Fukami
Edit:Jumpei Ichikawa

Archive

試乗のお申込み

希望するモデルや日時、店舗を指定して試乗を予約できます。

BOOK NOW